ホーム > 薄毛について > 髪が抜ける・薄毛の原因
薄毛の原因は何にある?

髪が抜ける・薄毛の原因

目次

  • 薄毛の原因は生活習慣×AGA(男性型脱毛症)
  • 生活習慣の見直しが最優先
  • AGA(男性型脱毛症)とは?
  • 抜け毛を減らし、発毛を促進するフィステナリドとミノキシジル
  • 薄毛塾が推奨する育毛剤は?

薄毛の原因は生活習慣×AGA(男性型脱毛症)

薄毛になる原因は大きく2つ。

・生活習慣の乱れ
・AGA(男性型脱毛症

いろんな情報サイトでは「頭皮環境が悪いから」と言っていますが、
頭皮環境が悪くなっているのも生活習慣が乱れてしまった結果なのです。

わかりやすく流れを説明するならば、

生活習慣が乱れる

神経や血液の流れが悪くなる

頭皮環境が悪くなる

頭皮が髪が生えない環境になっていく

抜け毛の原因となる男性ホルモンが頭皮に溜まる

AGA(男性型脱毛症)になる

どんどん抜け毛が増えていき、薄毛になる

このような悪循環によって、
多くの人が薄毛になっているのです。

そのため、薄毛を治すためには、
まず根本的な原因である生活習慣を見直す必要があります。

生活習慣の見直しが最優先

「髪を増やすためには育毛剤や育毛シャンプーを使わなければいけない!」

多くの情報サイトにはこのように書かれているが、
ただ育毛剤や育毛シャンプーを薦めてくるようなサイトは信じないほうがいいです。

なぜなら、先ほども説明したとおり、最優先でやるべきことは、
薄毛の根本的な原因である生活習慣を見直すことだからです。

ここでいう生活習慣というのは

・食生活
・睡眠時間
・ストレス
・タバコの喫煙

この4つです。

そこで、まずは以下の質問に対して
何個当てはまるのかを考えてみてください。

あなたの生活習慣は?薄毛チェックリスト

  • 1日の睡眠時間が5時間未満のことが多い
  • 就寝・睡眠時間がバラバラで不規則な生活だ
  • 最近、30分以上スポーツをしていない(体を動かしていない)
  • 仕事はデスクワークが中心の仕事だ
  • 毎日、食事をする時間がバラバラだ
  • ファーストフード・コンビニ弁当・インスタントフードなどをよく食べる
  • 野菜をほとんど食べず、栄養が偏っている気がする
  • 揚げ物など油っぽい食べ物が多い
  • お酒をよく飲む
  • お腹周りに脂肪が付いてきた
  • 1日5本以上タバコを吸う

この11個のチェックリストのうち、6個以上に当てはまった人は危険です。

あと数年で、頭がつるっぱげ・・・冗談ではありません。

また、6個以下の方も、現時点で抜け毛・薄毛が気になっているのであれば、
確実にはげ予備軍だと言えます。

そんな髪の毛の危機的状況を救うためにも、
1つ1つの生活習慣を見直してください。

  • 髪の毛を作り出す食生活
  • 髪に優しい睡眠時間は?
  • ストレスが頭皮に与える影響
  • 喫煙をしている人がはげやすい理由

どれも大事なことなので、必ず読んでください。

そして、この生活習慣と合わさって、
あなたの薄毛を進行させているのが、AGA(男性型脱毛症)です。

AGA(男性型脱毛症)とは?

薄毛は生活習慣が根本的な原因にありますが、
それと同時にAGA(男性型脱毛症)という症状が薄毛をさらに深刻化させています。

※画像
生活習慣の乱れ×AGA(男性型脱毛症)=薄毛の深刻化

では、AGAとはどのような症状なのか?

AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略で
日本語訳では「男性型脱毛症」と表します。

このAGAは髪の成長を妨げるDHT(ジヒドロテストステロン)と
呼ばれるホルモンが頭皮に増えることで進行していきます。

さらに細かく説明すると・・・

DHT(ジヒドロテストステロン)というのは人間誰しもの体内に
存在している「テストステロン」という男性ホルモンに頭皮の
毛乳頭や皮脂腺にある「5αリダクテーゼ」という酵素が合わさって作られます。

・・・わかりづらいので図にしてみました。

体内にあるテストステロン

頭皮にある5αリダクテーゼ

DHT(ジヒドロテストステロン)
→結果、こいつが髪の成長をストップさせてる
→成長が止まると太く長く強い髪になるまえに抜け落ちてしまう
→抜け毛・薄毛になる

そうなんです。
つまりは、DHTが作られるのを防げば、薄毛の進行は止めることができるのです。

そして、、、DHTが作られるのを防ぎ、薄毛を治すのに効果的だと言われているのが
フィステナリドとミノキシジルという成分なのです。

抜け毛を減らし、発毛を促進するフィステナリドとミノキシジル

フィステナリドとミノキシジルはどのような働きをしてくれるのか?

★フィステナリド
5αリダクターゼの分泌を抑制してくれる成分です。
これにより薄毛の原因となるDHTが作られる量を減らしてくれます。
代表的な育毛剤:プロペシア、フィンペシア

★ミノキシジル
頭皮にある毛母細胞を増やしたり、毛包や毛母細胞への血管を拡張させることで
血行を促進させ、頭皮全体に血液がスムーズに巡るようにしてくれます。
その結果、毛根が発毛に必要な刺激を受けて発毛効果が促進されるのです。
代表的な育毛剤:ロゲイン

つまり、薄毛と発毛の仕組みを図にするとこんな感じです。

生活習慣が乱れる

頭皮環境が悪化し、血流が鈍化。
髪の成長が遅くなると同時に、抜けやすくなる。

AGA

DHT(ジヒドロテストステロン)によって
髪の成長が止まり、太く長く強い髪になる前に抜ける

=薄毛・抜け毛となる!

ミノキシジル

髪がふさふさだったときの頭皮環境を取り戻せるように
頭皮の血流をスムーズにして、毛根を刺激、発毛効果を促進する。

生活環境を改善する

ミノキシジルによって取り戻された髪が生えてくる頭皮環境を持続し、
育毛剤がなくても髪が育つようにする。

AGA(フィステナリド)

フィステナリドによってDHTの原因となる5αリダクターゼの分泌が収まる。
DHTの量が減り、太く長く強い髪が作られるようになっていく。
生活習慣の改善ができていれば、髪を取り戻した後に辞めてもOK。

=ふさふさの髪を取り戻す!

薄毛と育毛のメカニズムをこれで理解してもらえたでしょう。

結論・・・
生活習慣を改善すると同時にフィステナリドとミノキシジルの薬を飲めば使えば髪の毛は生えてくる!

「よし!これで大丈夫!」と言いたいところですが、そんなに甘くはありません。

実はこのフィステナリドとミノキシジルには大きな問題があります。

フィステナリド

  • 副作用として性欲が減少する
  • 肝臓機能を著しく低下させる
  • 男性には効果があるが女性には効果はない
  • 妊娠中の女性にはリスクが高い

ミノキシジル

  • 頭皮が信じられないほど痒くなる(個人差はある)
  • 血管を強制的に拡張するために低血圧を引き起こす
  • 体毛が異常に酷なる
  • 性的不能、性欲減少

などの副作用が出てくるのです。

そこで、、、薄毛塾が推奨するのが、
フィステナリドとミノキシジルの効果を得られる育毛剤を使用する!
ということ。

具体的にそれらの効果が得られる育毛剤があります。

薄毛塾が推奨する育毛剤は?

フィステナリドとミノキシジルの効果を得られる育毛剤として
薄毛塾が推奨するのは「濃密育毛剤BUBKA」です。

濃密育毛剤BUBKA

医薬部外品。薄毛や抜け毛で悩んでいてこの育毛剤を知らない人、選ばない人はバカとしか言えないほど効果が認められています。フィステナリドやミノキシジルなどをを使わずに、それに等しい効果を得られるため、副作用の心配をせずに使うことができます。定期購入で買えばブブカサプリも無料でプレゼントされるため、体の外側と内側から薄毛を治してくれます。

やはり、毎日使用することを考えると、
フィステナリドとミノキシジルのような強力な薬を使うのはリスクがとても高いと考えています。

そもそも妊婦に飲ますことができない、頭皮が痒くなる、低血圧を引き起こすなどの症状が出ると言うことは、人間の体には合っていないのだと育毛塾では考えます。

副作用で体に悪影響を与えなくとも、ふさふさの髪が取り戻せる育毛剤を使い、
同時に生活習慣を基本的なところから見直す。

この2点を実践することで薄毛は治せます。疑う前に、まずは実践してみてください。