ホーム > 薄毛について > 20代で薄毛になるのはなぜ?
若ハゲの理由と解決方法

20代で薄毛になるのはなぜ?

薄毛・抜け毛の悩みというと30代後半からの中年以降に直面しやすい悩みと思われがちですが、若々しく体が元気であるはずの20代で薄毛・抜け毛に悩まされる、いわゆる「若ハゲ」で悩んでいる人もたくさんいます。

30代以降の薄毛・抜け毛であれば老化現象と考えることもできますが、
20代でハゲてしまうのにはどのような原因が考えられるのでしょうか。

男性の場合、20代で薄毛・抜け毛になってしまう多くの原因は
「AGA」と呼ばれる男性型脱毛症だと言われています。

病気や薬の副作用で若くして薄毛になってしまう人もいますが、
そうでない場合はAGAの可能性が高いかもしれません。

AGAと一口に言っても現れる薄毛・抜け毛の症状はさまざまで、額の生え際が後退していくM字ハゲ、頭頂部から薄くなっていくO字ハゲ、髪の毛全体の量が減ってしまうびまん型ハゲなど、進行速度も人それぞれですし、いろいろなタイプの薄毛が同時進行していく人もいるでしょう。

AGAが発症する多くの原因は男性ホルモンのバランスや遺伝に関係しており、体内のテストステロンというホルモンと5αリダクテーゼという酵素が合わさることで、薄毛や抜け毛を促進させるDHT(ジヒドロテストステロン)という成分が作り出されてしまうのです。

このAGAを治療する方法はズバリ!DHT(ジヒドロテストステロン)を作り出さないこと。

そのためにフィステナリドとミノキシジルという成分が含まれた育毛剤を使用するのが効果的です。

フィステナリドは5αリダクテーゼという酵素が分泌されるのを抑制して、DHTが作り出されるのを防ぐ効果が期待できます。結果、薄毛や抜け毛の進行が止まるのです。

また、ミノキシジルは頭皮の毛母細胞を増やし、血管を拡張させることで頭皮に刺激を与えて、髪の毛が生えてくるのを促進させる効果が期待できます。

つまり、AGAを治すためにはフィステナリドとミノキシジルを使用する必要があるのです。

しかし!
このフィステナリドとミノキシジルには強い副作用があります。

個々人によって差はありますが、髪の毛の大小として、副作用として肝機能の低下や性欲の減少、頭皮に痒みが出るなど大きなリスクも伴っているのです。

20代で肝機能が低下してお酒が飲めなくなったり、
性欲がなくなるなんて・・・ゾッとしますよね。

そのため、薄毛塾ではこの2つに近しい効果を発揮する育毛剤から試してみることをお薦めします。
(具体的には、濃密育毛剤BUBKAや薬用ポリピュアEXなどです)

最近の育毛剤はとてもフィステナリドとミノキシジルが効果的であることを前提として
作られているため、その効果に近い効果が発揮されるように作られているのです。

もちろん、副作用はありません!
20代男性で薄毛に悩んでいる人はお試しください。

20代の女性もハゲる!?その理由とは?

女性の場合は、さまざまな理由による女性ホルモンの乱れからくる
薄毛・抜け毛が原因とされています。

特に若い女性で薄毛・抜け毛になりやすいのは、
過度なダイエットによる栄養不足や妊娠・出産によるホルモンバランスの乱れなどが挙げられます。

また髪の長い女性であれば、ポニーテールのように髪の毛を強く引っ張る
ヘアスタイルを長く続けたり、髪の毛を強引にブラッシングしたりして髪の毛を
引っ張る習慣があると、髪の毛が抜けやすくなってしまいます。

そして、髪の洗い方についても注意が必要です。
特に女性の場合は髪の毛のボリュームが多いため、以下のことに気をつける必要があります。

  • 髪の毛だけでなく頭皮をしっかりと洗うことを意識して洗う
  • できることなら2度洗い(仮洗い・本洗い)をすること
  • すすぎにしっかりと時間をかける(髪の毛の泡を取るだけで満足しない)
  • 乾かすときは半乾きではなく100%乾燥させる

具体的な髪の洗い方についてはここに書いていますので読んでください。
髪の洗い方を見直す

性別に関係なく気をつけたいのは、規則正しい生活習慣

20代というのは自分の体力に自信があるため不規則な生活をしても
体に影響を受けていることは実感しづらいはずです。

しかし、栄養バランスの悪い食事、寝不足、ストレス、喫煙などなどの
生活習慣の乱れは確実に薄毛を促進させることになります。

これらの生活習慣というのは頭皮の血行を悪くしたり、皮脂を過剰分泌させる原因になるからです。

短期的に考えると育毛剤を使ったり、髪の毛の洗い方を見直す方が育毛効果が高いように思われますが、生活習慣を見直して頭皮環境を改善することは長期的な視点では最も大事なことなのです。

これは性別問わず言えることです!

20代で髪の毛を復活させることだけでなく、30代、40代になっても、ふさふさな髪の毛をキープできるように、育毛対策の土台である生活習慣の見直しは必ずしてください。