ホーム > 育毛シャンプー > 育毛シャンプーと育毛剤の使用目的の違い

育毛シャンプーと育毛剤の使用目的の違い

育毛剤と育毛シャンプー、どちらも薄毛・抜け毛の状態に働きかけ、
髪の毛が生えてくるために使用する育毛アイテムです。

同じ「育毛」と名のつくアイテムですが、それぞれ薄毛・抜け毛に対して
どのような役割があるのかを理解しておくと、育毛・発毛の対策も効率よくできます。

育毛シャンプーと育毛剤の違い

2つのアイテムについてそれぞれ説明します。

育毛剤

髪の毛の生えにくくなった頭皮を刺激して、髪の毛が生えるのを促す効果が期待できます。
また、毛根を刺激して強く太い髪の毛に成長させてくれます。

タイプは頭皮に直接塗るものと錠剤の2種類。錠剤は体内への刺激が強すぎて
副作用などを心配される方も多いため、直接塗るタイプの人気が高いです。

育毛シャンプー

健康で清潔な頭皮を作るためのアイテムが育毛シャンプーです。

頭皮から分泌している皮脂や、毛穴に詰まっている埃やゴミなどをキレイに取り除いてくれます(※)。一般的なシャンプー(高級アルコールシャンプー)は洗浄力が強く、必要な皮脂まで洗い流してしまう結果、頭皮を乾燥させ、薄毛の原因となります。

育毛シャンプーは適度に潤いと皮脂をキープさせてくれるため、
髪が生えやすい頭皮環境を作ってくれます。

※皮脂は髪の毛が生えてくる毛穴から出てくるので、皮脂に付着した汚れやほこりは自然と
毛穴の周りで固まってしまい、毛穴を塞いでしまうので髪の毛が生えにくくなってしまうのです。

どちらも「ふさふさの髪が手に入る!」というなフレーズで宣伝されていますが、
正確には髪が生えてくるのが「育毛剤」、薄毛が予防できるのが「育毛シャンプー」
ということで、期待できる効果は大きく違うことを覚えておくと覚えておいてください。

育毛剤と育毛シャンプーはどちらが重要?

結論、どちらも重要なアイテムですが、優先的に使うのであれば育毛剤です。
理由として、

  • 頭皮環境を整えても、育毛剤で頭皮に刺激を与えなければ髪が生えるサイクルは復活しない
  • 頭皮環境は生活習慣を見直すことでも改善できる
  • 髪の毛(頭皮)の洗い方を注意すれば、育毛シャンプーがなくてもある程度のケアができる

このような理由から育毛剤を優先的に使うべきなのです。

補足~薄毛がそれほど進行していないのであれば~

薄毛に真剣に悩んでいる人であれば育毛剤を優先的に使うことをお薦めしますが、
まだそれほど進行していないのであれば、育毛シャンプーを使うだけでも良いです。

進行具合に応じてアイテムを使いわけることが大事です。
薄毛を治すためには育毛アイテムを使うことは不可欠です。

しかし、だからといって、お金の都合もあると思いますので、
誰もが簡単に使えるとは思っていません。

また、いくつものアイテムを買ったのはいいものの、すぐに使うのを辞めてしまっては
意味がありません。

髪が生えてくるまでは最低でも半年以上は使い続けなければ効果は実感できないのです。

ですので、育毛アイテムは優先順位を付けて購入するのが大事。
あとは半年以上は使い続けることをルールとして使い始めていくようにしてくださいね。