ホーム > 発毛剤(内服薬) > ミノキシジルの効果と手に入れる方法
ミノキシジルはどんな効果があるか?

ミノキシジルの効果と手に入れる方法

目次

  • ミノキシジルとは?
  • ミノキシジルによる効果
  • 2種類あるミノキシジルの服用方法
  • ミノキシジルを手に入れる方法

ミノキシジルとは?

薄毛の治療に効果があるプロペシアと同レベルで
有名なのがミノキシジルです。

ミノキシジルは、1970年代からアメリカで血管を拡張し、
血圧を下げる効果がある薬として使用されていました。

使用されている中で、この薬の副作用として多毛症になることが判明。

そこで脱毛症に効果があるのではと研究された結果、1980年代にアメリカの製薬会社である
ファイザー(旧ファルマシア・アップジョン社)によって脱毛症の治療薬として世界で初めて
認可された
のです。

現在は、海外で「ロゲイン」「ポラリス」「ザンドロックス」という商品名で販売されており、
その効果の高さから世界中の人が育毛剤として使用しています。

日本では大正製薬が1999年から「リアップ」として販売を開始しています。
テレビCMなどで名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

そのため日本国内でも発毛剤として知名度が高いのが特徴です。

では、ミノキシジルには具体的にどのような作用が働き
薄毛に対して効果があるのでしょうか?

ミノキシジルによる効果

ミノキシジルは血管を拡張し、髪の毛の生える毛母細胞を活性化させ、
髪の毛を増やす働きをしてくれます。

わかりやすく説明すると以下のような流れで髪が生えてきます。

ミノキシジルが血管を拡張させる

血流が良くなり、頭皮にある毛母細胞に栄養が運ばれやすくなる

毛母細胞の分裂が活性化される

細胞が増えることで、髪の毛が生えてくる

ミノキシジルを使うことでこのような変化があるのです。

なお多くの情報サイトではAGA(男性脱毛症)に効果があるというように紹介されていますが、
実際には円形脱毛症など他の薄毛にも効果が認められています。

ただし、ミノキシジルは頭頂部に対して効果が発揮されやすく、
前頭部やM字部分には効果が出にくい特徴があります。

これは前頭部やM字部分は、そもそも血流が悪く効果が出づらいのが大きな原因です。
(前頭部やM字部分に全く効果がないわけではない)

補足説明~なぜミノキシジルだけが効果があるのかは不明~

どうして世の中にある数多くの血管拡張剤の中で
ミノキシジルだけ効果があるのか?

その理由は不明で、詳しいメカニズムはわかっていないそうです。

ミノキシジルには髪の毛を生やすための何かしらの成長因子が
含まれているようなんですけどね・・・少ししっくりこない事実ですね。

2種類あるミノキシジルの服用方法

薄毛対策に効果的なミノキシジルには2種類のタイプがあります。

  • タブレットタイプ(錠剤)
  • 塗布タイプ

の2種類です。
結論を言えば塗布タイプを選ぶのがベストです。

タブレットタイプのメリット・デメリット

実は効果が高いのはタブレットタイプです。
しかし、このタイプには以下のようなデメリットがあります。

  • 全身の体毛が濃くなる可能性がある
  • 血管が拡張しすぎて低血圧を招くことになる
  • 強い眠気や頭痛、性欲減退などの副作用が出る

体内に取り入れるタブレットタイプにはこのようなデメリットがあります。

これは直接患部(頭皮)に塗るのとは違い、
全身の血管が拡張されるのが原因です。

とはいえ、塗布タイプにも十分注意が必要です。

実際にミノキシジル育毛剤であるリアップは
厚生労働省で「第1類医薬品」に指定されています。

この第1類医薬品というのは、、、

薬の副作用により日常生活に支障がでる程度の健康被害が生じる恐れがある
医薬品のうち、特に注意が必要なものや新規の医薬品(Wikipedia参照)

というものです。

つまり、ミノキシジルを使用するには
健康に影響が出る可能性があるというのがわかります。

もし、それでもミノキシジルを使用するのであれば、薄毛塾としては体内に取り組む
タブレットタイプではなく、まずは塗布タイプを強くオススメ
します。

そして、頭皮の肌質に合わせないのであれば、タブレットタイプを
試してみるという流れで利用するようにしてください。
※副作用についてはこちら→ミノキシジルの副作用

では、最後にこのミノキシジルを手に入れる方法を紹介します。

ミノキシジルを手に入れる方法

最後にミノキシジルを手に入れる方法を紹介します。
手に入れる方法としては3通り。

  • 病院・専門クリニック
  • 薬局
  • 個人輸入

病院・専門クリニック
ミノキシジルが体や肌質にあっているかを診察してくれた上で処方してくれます。
処方してくれるのは塗布タイプです。多くがフィステナリドと一緒に処方されるため、
診察代も含めて10,000円近くの料金がかかります。

薬局
薬局ではリアップを購入することができます。タブレットタイプについては
薬局では販売することが禁止されているため、手に入れることはできません。
料金は5,000~7,000円程度。

個人輸入
塗布タイプだけでなく、タブレットタイプのミノキシジルも
手に入れることができます。価格も3,000円~手に入れることができ、
最も低価格で手に入れることができるのが特徴です。

このように手に入れる方法を比較すると、
個人輸入で手に入れるのが最も安く済んで魅力的に見えると思います。

しかし、プロペシア同様、最初から個人輸入で購入するのはお薦めできません。

ミノキシジルは非常に高い効果を発揮してくれる育毛剤ですが
その分、副作用が発生する可能性もあるのは理解しているはずです。

悲しいことにミノキシジルについてネット上で検索をすると個人輸入サイトでの購入を
真っ先に勧めているサイトが多数見つかりますが、これらの情報サイトはあなたの
健康のことなど何一つ考えていません。

ですので、最初に使うときには病院や専門クリニックで診察を受けて副作用が出ないかを
確認したうえで、個人輸入を利用するかを検討するようにしてください。

また、購入する場合でも厚生労働省が監査をしている信頼できる
個人輸入ショップから購入することをルールとしてくださいね。

まとめ~ミノキシジルは用法・容量をまもって使おう~

ここまでミノキシジルについての情報を書きました。
最後にもう一度確認しましょう。

  • ミノキシジルはもともと血管拡張の薬だった
  • 国内ではリアップが有名
  • 血管を拡張させることで、髪の毛が生えてくるのを促進する効果がある
  • 様々な薄毛に対して効果がある
  • 利用する時は塗布タイプを優先的に利用しよう
  • 手に入れるときは病院・専門クリニックで診察を受けて処方してもらうのが正規ルート
  • 個人輸入サイトから購入するのは慎重に

何度も書きましたが、ミノキシジルは効果が高いぶん、
体に様々な影響を与えることになります。

ですので、利用する時には用法・容量をきちんと守ったうえで
利用するのを約束してください。