ホーム > 発毛剤(内服薬) > ミノキシジルはプロペシアと併せて使うべし

ミノキシジルはプロペシアと併せて使うべし

目次

  • 同じ育毛剤でも効果は違う
  • 併用すると相乗効果が期待できる
  • たくさん使っても効果が出るわけではないので要注意

同じ育毛剤でも効果は違う

発毛効果が高いと厚生労働省に認められている育毛剤が
プロペシア(フィステナリド)とミノキシジルです。

実はこの2つの成分は
併用することで薄毛対策に抜群の効果が期待できると言われています。

そもそも、プロペシアとミノキシジルは髪の毛に与える効果が全く違います。
効果を整理すると

プロペシア(フィステナリド)
薄毛の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を生成する
5αリダクテーゼの働きを抑制し、髪の毛が抜けるのを止めてくれる。

ミノキシジル
血管を拡張することで頭皮の血流が良くなり、毛母細胞の働きを活性化させる。
結果、頭皮に刺激が与えられ、髪の毛が生えてくる。

というように、この2つは「抜け毛を減らす薬」と「髪の毛を生えさせる薬」なのです。
※成分説明などでカタカナが多いので混在している人もいるようです。

そして、この2つの育毛剤を使うことで、さらに育毛効果が高まるのです。

併用すると相乗効果が期待できる

このプロペシアとミノキシジルを併用することで
相乗効果が期待できるようになります。

その理由は、ミノキシジルが血管を拡張して血流を良くすると、血中に含まれる
プロペシアの成分であるフィステナリドも頭皮に送られやすくなる
という利点があります。

結果、DHT(ジヒドロテストステロン)をより抑制することができ、
高い効果を期待することができるようになるのです。

実際に病院や専門クリニックではこの2つを同時に処方することが多く、
2つの効果から薄毛対策をすることを薦められます。

それだけ2つの相乗効果というのは期待できるのです。

ただし!
ミノキシジルは塗布タイプ(外用薬)を使うようにしてください。

その理由として、

  • 内服薬だと副作用が出やすい
  • 内服薬だと全身の血管が拡張され、プロペシアの副作用の発生も高まる
  • 頭皮にピンポイントで使うだけでも高い効果が期待できる

これらの理由からミノキシジルを使う場合には塗布タイプ(外用薬)を使うことをお薦めします。
※ロゲインなどが有名な外用薬ですね。

むしろ、タブレットタイプ(内服薬)の服用は
副作用の危険性が非情に高いので禁止です!

たくさん使っても効果が出るわけではないので要注意

とても効果の高い使い方ですが、
使用時には2点だけ必ず守って欲しいことがあります。

それが、、、

  1. 両方の育毛剤は用法・容量を必ず守って使用すること
  2. 体に異変を感じたときはすぐに両方の使用を辞めること

この2つをルールとして守ってください。

それはこの2つの育毛剤が非情に高い薬であり、
副作用の危険性が高いからです。

プロペシアには肝機能障害・性欲減退・勃起不全、
ミノキシジルには発疹・かゆみ・低血圧・動悸・めまいなどです。

これらの副作用はときに深刻な問題へと繋がる可能性もあります。

何よりも大量に2つの育毛剤を使ったからといって効果がすぐに出てくるわけではありません。
むしろ、副作用が起こる確率が増すだけです。

副作用の可能性をできる限り下げるためにも、
用法・容量は必ず守り、何かあったらすぐに医師に相談をしてください。