ホーム > 育毛剤 > 育毛剤のメリット・デメリット

育毛剤のメリット・デメリット

薄毛や抜け毛を改善する対策として、育毛剤を取り入れようと考える人も多いと思います。

育毛剤を利用して髪の毛が戻って来た、強くなったという口コミなどもインターネットでは
よく見かけますが、その一方で効果がなかったと感じる人も少なくありません。

成分的に合う・合わないもありますが、育毛剤を使った場合について
全般的にどんなメリット・デメリットがあるのかをまとめてみました。

育毛剤を使うメリットとしては、健康な髪の毛が育つための土壌である
頭皮環境を整えられるという点です。

多くの育毛剤は洗髪後の清潔な頭皮に直接つけて使い、
頭皮をマッサージすることで血行を促進します。

頭皮のマッサージは育毛剤がなくてもできることですが、育毛剤を使うことで
頭皮がやわらかくなるため、マッサージがしやすく、またマッサージの効果も格段に高まります。

薄毛・抜け毛を改善するためには健康な髪の毛が生えてくる頭皮環境を整える必要があり、
頭皮の汚れや余分な皮脂をしっかり取り除き、血行を促進してあげることが大切です。

育毛剤を使うことで頭皮を清潔にして、血行促進のマッサージをする習慣がつくことも
薄毛・抜け毛の改善に繋がるかもしれません。

育毛剤を使うデメリットは、効果が実感できるようになるまで時間がかかるということです。

髪の毛など体毛にはヘアサイクルというものがあり、自然と髪の毛が抜け落ちた
毛穴は休止期と呼ばれる髪の毛が生えない時期に入ると、個人差はありますが
2ヶ月から半年程度髪の毛が生えません。

これは異常なことではなく正常な状態の人でも起こるもので、
この休止期を理解していないと「いつまでも毛が生えてこない」と誤解してしまいがちです。

効果が現れるまで時間がかかるのを知らないまま使い続けると、
いつまでも効果が現れないことに対してイライラしてしまい、
そのストレスから頭皮環境が悪化する、という悪循環も考えられます。

なんという不条理な話なんでしょう・・・

また、育毛剤に使われる成分はさまざまなので、敏感肌の人やアレルギー体質の人が
合わない成分の入った育毛剤を使うと、頭皮が赤くなったり湿疹が出たりすることもあるでしょう。

赤みや湿疹、かゆみなどの異常が出るようなことがあれば、高価な育毛剤であったとしても
すぐに使用をやめ、皮膚科など専門医に相談するようにしてください。

いくら育毛効果の高い成分が入っていたとしても、肝心の頭皮が荒れてしまうようでは
育毛剤の意味がありませんよね。

近年では男性用・女性用の育毛剤が発売されているように、男性と女性では薄毛・抜け毛の原因が
異なることが多く、症状にあった育毛剤を使用しなければ現れるはずの効果も実感できないという
こともあるでしょう。

頭皮や地肌にやさしい成分、女性でも使いやすい香りなど、育毛剤を選ぶポイントは
人それぞれですが、より効果的な育毛剤を選びたいなら自分の薄毛・抜け毛の原因を
理解しておくことも必要です。

薄毛・抜け毛は髪の毛の問題で毛髪そのものに目がいきがちですが、
健康で丈夫な髪の毛を育てるためには、健康な頭皮が欠かせません。

健康な髪の毛が生えてくるために必要な栄養素を頭皮まで届けるには、頭皮の隅々まで
血液が行き渡ることも重要なので、育毛剤を使っての頭皮マッサージは非常に効果的だということです。

頭皮マッサージと言っても力任せに頭皮を揉み込んだり、爪を立ててマッサージしたりすると
今度は頭皮が傷つき、頭皮環境の悪化が考えられます。

育毛剤そのもののメリット・デメリットもありますが、それを理解した上で
正しい用量・用法で使い続けることが大切なんですね。

育毛剤を使って薄毛・抜け毛対策をするときには、効果が現れるまでには数ヶ月から
半年以上の長い時間がかかること、効果の現れ方には個人差があること、体質によって
合わない育毛剤があることを頭に置いて、ゆっくりと頭皮マッサージを楽しむ気分で
長く付き合う薄毛・抜け毛ケアとして向き合うようにしましょう。